ナトリウム量から食塩相当量を算出する換算式の紹介ページです。

検索する

 
ホーム > 減塩の知識集 > ナトリウム量を食塩相当量(塩分量)に換算する方法【簡単にできる!】
ナトリウムと食塩相当量

 
 

ナトリウム量を食塩相当量(塩分量)に換算する方法 【簡単にできる!】

●ナトリウム量(mg)を食塩相当量(g)に変換する 下記の空欄にナトリウム量(mg)を入れて、
「計算」ボタンを押して下さい。

ナトリウム量は半角数字で入力してください。

 mg × 2.54 ÷ 1000  = g  

加工食品

食塩相当量(塩分)は「食塩相当量」として記載されている商品もありますが、ナトリウム量として書かれている事が多くあります。


ナトリウムを食塩相当量に変換する計算式は下記になります。
 

【重要!!】

ナトリウム量(mg)× 2.54 ÷ 1,000 = 食塩相当量(g)

この式を利用することで塩分計算ができます。
お手持ちのスマートフォンなどにも電卓機能は付いているので、お買い物際に簡単に計算することが可能です。

また、この式が覚えにくいと感じる方は、「塩分相当量1g=ナトリウム量393mg」という式を暗記していれば換算できます。

加工食品 覚えにくいのでナトリウム量は400mgで覚えても、多少量に違いはありますが、大体の量が分かります。

例えば、ナトリウム量が500mgだとすると「500÷393=1.272264…」となり、1.27g(ナトリウム量400mgで計算すると1.25g)の食塩が使用されていると計算できます。

「 ナトリウム量 約400mg=食塩相当量1g 」

こういったポイントや計算方法を押さえ、食事での健康維持を目指しましょう。

●ちなみに食塩相当量(g)をナトリウム量(mg)に変換するには下記に空欄に食塩相当量(g)を入れて、 「計算」ボタンを押して下さい。

食塩相当量は半角数字で入力してください。

 mg ÷ 2.54 × 1000  = g  


 

ナトリウムと食塩、塩分はどう違うの?

減塩を始めるとまず疑問に思うのが、食塩とナトリウムの違いです。
計算方法は上記で示しましたが、実際どのように違うのでしょうか?
あまり意識しすぎるとややこしいので、興味のある方のみお読み下さい。

一般的に家庭で『食塩』『塩』と呼ばれているものは、塩化ナトリウム(Nacl)の事を言います。 『食塩』は、塩素とナトリウムが結合したものです。

つまり
『ナトリウム』は、食塩の一部のようなイメージですね。

また、『塩分』とは、『食塩』の量の事なので、『食塩相当量』と同じ意味になります。 商品パッケージで見かける【塩分控えめ】とは、食塩が少ないという意味です。

少しややこしいので、全てまとめるとこうなります。

◎食塩とナトリウムのまとめ

『食塩』=『塩』=塩化ナトリウム(Nacl)

『塩分』=『食塩相当量』=『食塩の量』

『食塩』に『ナトリウム』が含まれる。

ナトリウム量(mg)×2.54÷1,000=食塩相当量(g)


減塩調味料
 

 

栄養成分表示から塩分量を読み取ろう

減塩丼物

健康を維持するためには、適度な栄養を取ることが必要になります。

しかし、現代では塩分やカロリーといったものを取りすぎる傾向があります。例えば、厚生労働省が推奨する一日の塩分摂取量は男性9g未満、女性では7.5g未満です。

ですが、実際にはその倍以上の塩分を一日で摂取している方も多くいらっしゃるのが現状です。

その理由として、外食する方が増えてきていること、加工食品に使われている塩分が思っているよりも多いこと等が挙げられます。

例として、よく食べられている外食のメニュー、ラーメンに含まれている塩分は約4g~6gもあり、カツ丼や天丼には約4g~5g、握り寿司で約4gも含まれていて、 この一品だけでもう半分近くの塩分を摂取したことになります。

また、家庭でよく食べられている塩ますには約4.6g、納豆には1g~3g、梅干に2gとなっており、家庭で食べる加工食品にも意外と塩分が含まれているのです。 塩分の取りすぎは、高血圧腎不全に繋がる恐れがあります。

 近年、食品には栄養成分表示が義務付けられています。食品の栄養表示を確認し、日々の食事の塩分量を自分で知る事が、減塩食を作る上で一番重要となります。


加工食品の塩分量を減らす裏技⇒

減塩のコツ1『調味料を入れ替えよう』⇒

減塩のコツ2『無理なく楽しく減塩しよう』⇒
 


 


ご利用案内

ご注文案内

インターネット、ファックス(0797-87-6377)でのご注文は、24時間、365日承っております。

ファックス注文についてはコチラ⇒

送料について

■ 送料一律 900円

■ 商品代金3150円以上は500円

■ 商品代金4,990円以上は配送料無料

※北海道への送料は一律通常送料+400円 商品代金4,990円以上は送料無料

※沖縄県へは別途配送料が必要となります。

配送日時・時間指定について

商品のお届けは、日本郵便を使用しております。

ご注文頂いた日から最短で5日後以降で配送日と時間の指定が可能です。

お急ぎの場合は、注文画面の備考欄にコメントを頂ければ、可能な限り対応させて頂きます。

配送時間:午前中、12〜14時、14〜16時、16〜18時、18〜20時、19〜21時

返品に関して

商品発送後、お客様のご都合による、(商品の破損・汚損以外)長期不在等・ご返品・キャンセルはお断りしております。

長期ご不在による、運送会社より返送時は食品の原則上、往復の運賃+ご購入代金が発生しますので、何卒ご了承下さいませ。

発送商品間違いや商品の破損などの場合は、商品到着よりすぐにご連絡ください。運賃等は当社負担にてお取替え致します。

※代金引換をご利用のお客様へ重要なお知らせ※

代引きでのご購入され、受け取り拒否されたお客様には、往復送料と手数料など料金の請求書を内容証明で送付させていただきます。

また、別途その費用も請求させていただくかたちになりますので、何卒ご了承くださいませ。

尚、当社並びに関連会社では今後、代引きでのご注文を受付することはできなくなりますのでご注意ください。

お支払方法について

■代金引換

代引手数料

・商品代金 0〜9,999円の場合 324円 

・商品代金10,000〜29,999円の場合 432円

■銀行振り込み

ご注文確定後、ネットショップよりお送りする「注文確認メール」に記載された金額をご注文後3日以内に下記口座へお振り込みください。

ご入金確認後の商品発送となりますのでご了承下さいませ。

【ジャパンネット銀行】
口座名義 株式会社ノルト 無塩ドットコム
ビジネス営業部 005
口座番号 1177128



【ゆうちょ銀行】※ゆうちょ銀行口座をお持ちのお客様
記号 14200
番号 5402451
口座名義 カ) ノルト

■クレジットカード

ご利用可能なクレジットカード

配送時間:午前中、12〜14時、14〜16時、16〜18時、18〜20時、19〜21時

※クレジットカードでの引き落としは、ご利用のクレジットカード会社が規定する引落日になります。

無塩ドットコムについて

無塩ドットコムは、健康増進、腎臓病、透析、高血圧、妊娠など様々な理由により、減塩・無塩食品(食塩不使用)や調味料を求める方をサポートします。

私達は、自分たちの減塩生活での経験から、『まずい、面倒くさい、大変』と考えがちな減塩を少しでも『楽しい』減塩に変えられるよう、たくさんの無塩(食塩不使用)・減塩商品を取り揃える、No.1減塩専門店を目指しています。

各商品紹介と知識集
■調味料
減塩しょうゆ
減塩ドレッシング
減塩マヨネーズ
減塩ソース
減塩ポン酢
無塩だし・減塩だし
減塩・無塩みそ
減塩・無塩ケチャップ
■食品
減塩ふりかけ・ごはんの友
減塩ラーメン・うどん・麺類
減塩レトルト食品

ページトップへ